HOME>特集>産業保健サービスの内容と企業にとっての効果

産業保健活動サービス

企業が産業医の紹介会社を利用すると、紹介会社は先ずその企業の特徴やニーズをヒアリングします。そして会社に登録されている産業医の中から、その企業に適応した産業医を紹介するという流れになります。利用する企業にとって紹介会社を選ぶポイントは、産業保健活動をサポートするサービスを行っている会社です。サポートの内容で違いはありますが、企業の煩雑な業務を紹介会社のアフターサービスで軽減できるからです。ただ注意点として企業の立地が、このサービスの対応エリアであることを確認する必要があります。さらに企業が選任する場合従業員数によって、専属と嘱託の場合にわかれます。

ニーズに適応すること

企業のニーズに適応する産業医を決めるための近道は、産業医の登録数が多い紹介会社を選びます。紹介後に企業と適応しなかった場合でも次の候補が見つかりやすいという特徴があります。そして複数の事業所を有した企業の場合も、状況変化に強い紹介会社を選ぶことがポイントです。

負担の軽減

企業が行う事前準備の負担を軽減することが、紹介会社と産業医によるアフターサポートの役割です。産業医に業務依頼をすると煩雑になる事前準備を企業はしっかりと整えておく必要があります。企業にとって産業医を最大限に活用するためにはこの点が大切なポイントになります。