HOME>イチオシ情報>費用とその仕組みのことを事前によく考えておく
看護師

基本的に派遣される仕組み

ある程度大きな会社になると、産業医と呼ばれる医者が必要になります。産業医の果たす役割は非常に大きく、そもそも会社内で役立つでしょう。具体的には、会社内でうつ病などになってしまった場合医者がいるのといないとでは、随分と大きく結果が変わります。そのため、最低限の1人ぐらいは一生おいた方が良いでしょう。専属の医者であれば問題ありませんが、中小企業の場合はそこまで大きな資産があるわけではありませんので専門の医者を雇うわけにはいきません。ですが、紹介制度を利用すれば比較的簡単に医者を会社の中に置いておくことができるでしょう。作業員派遣している会社に紹介をしてもらえば、問題を解決することができます。ただしこの時どのような印象を派遣してもらうかが重要になるでしょう。例えば、うつ病になった場合にはうつ病に詳しい精神科の先生を派遣してもらうことが必要になります。

どれぐらいのお金がかかるのか

産業医を紹介してもらうといっても、金銭的な負担をしっかりと考えていかなければいけません。特に会社の経営者の場合はどれぐらい負担になるかを考えなければ赤字になってしまう恐れもあります。ただ実際には、作業員派遣してもらう場合そこまでお金がかかるわけではありません。どのくらいお金がかかるかと言えば、紹介してくれる会社によって大きく異なります。また、1週間に何回医者が来るかによっても異なるでしょう。僕の会社は、1週間に1度が1ヵ月に2回程度しか来ません。それで1月当たり数万円のお金になる可能性があります。小さな企業であればひと月に1回でも十分と言えるでしょう。このようにプランによってずいぶんとその費用が異なりますので事前に確認をしておきたいところです。